続き

***このページの内容はweb上で広く拡散している情報をまとめたものです***

1.安倍さん致命傷は別弾丸

やはり、そう言う事か。警察やマスコミは全く言及していない、と言うよりひた隠ししているようだ。

一発目の銃声後、安倍さんが左へ振り向いた直後、安倍さんのワイシャツの襟がはためいています。 この時、別の銃弾が右頸部に当たり心臓を貫通したようです。

この初期映像をやっと見つけました。ほとんどが削除されてますから。もちろん放送はされていません。

上の映像から該当箇所の音声を抜き出して音量を上げました。

2発目の「ドン」という容疑者が撃った音のほんの少し前に「ピュッ」と言う小さい音が入ってます(イヤホンを使うと 良く聴こえる)、これはライフルの音とのこと。死愛英(あるいは藻佐渡)が国内にいる外国人スナイパーを使ったので はないかとの説がある。2024年の選挙でT大統領が復活するのを阻止するための見せしめではないかと。

で、結局、山上徹也容疑者はダシに使われただけ。ケネディー、オズワルドと同じ構図ということになる。やつらの手口 はいつも同じのワンパターン。

安倍さんの暗殺を狙っていたやつらが、山上徹也容疑者の計画を知って便乗したのが本当のところだろう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.状況証拠が次々と

1)スナイパー用の白い台?

これは安倍さんから見て、右前の「サンワシティ西大寺」ビル屋上。黄色矢印のところに白い台?が見えているが、 これは全3H47Mのビデオの中の、0H1M時点の映像。

ところが、3H06M時点の映像にはそれが無くなっている。

拡大してみると良く分かる。右の映像では屋上へ上がる階段室の扉が開いているので、撤去時にここから降ろしたと思われる。 なお、「サンワシティ西大寺」ビルの運営管理は自民党二階派の小林茂樹衆議院議員の一族会社とのこと。

2)警護者=共犯者?の不審な動き

安倍さんの右側の人物が、銃撃直前に何やら双眼鏡で「サンワシティ西大寺」ビル屋上を覗いている。双眼鏡を降ろした 途端、即座に安倍さんから離れ、すぐに一発目の銃弾とされる爆発音が鳴ると同時に身をかがめている。

この最初の爆発音の時、他の者は皆、何が起きたかわからず、瞬時にしゃがみこむほどの防御的対応など誰もしていないのに。 間違いなく共犯者。全く知らなかったのは奈良県警だけ・・・という話も。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.結論・つまり真相

恐らく、ナショナリストの安倍元総理大臣、トランプ元大統領、プーチン大統領を排除したいグローバリスト(DS=こ の場合は実行部隊であるCIAのエージェント)の仕業に違いない。安倍さんは総理を辞任したが、辞任後も自民党の重鎮 ということで逃れられなかったし、プーチン大統領は現在、追いつめられている。

安倍さんを撃ったスナイパーは中国工作員の可能性もある。中国共産党は元々DSが作ったものだし、共通の利益がある から何の不思議もない。

(追記)8月30日付で警察庁中村長官辞任。また、奈良県警察本部の鬼塚本部長の減給3か月の懲戒処分を発表、鬼塚本 部長は辞任の意向。中村長官は政府との太いパイプがあるらしいが、これで事件の真相はうやむやになるのでしょう。

なお皮肉なことに、山上徹也容疑者には「統一教会」と政治家の関係を暴き出す「功績」があったと言う事になる。