SV-S1616D 300Bシングルアンプの組み立て

はじめに

以前組み立てた300Bシングルアンプは出力が公称値の半分(4W)。音の抜けは良かったものの、正直、期待したほどの アドバンテージを感じませんでした。

そこで、サンバレーのコンパクトな組み立てキットSV-S1616D/300Bを組み立て、300Bに再挑戦することにしました。 前作のTU-8200のプリント配線に対し、今回はオール手配線ということもこのキットを選んだ理由の1つです。

今回はヘッドルーペを使うことなく作業できました、2年前に白内障手術を受けた効果だと思っています。しかし、図面 を何回も確認した半田付け箇所を間違えることが複数回あり、焼きが回ったなあと感じたし、何しろ疲れました。ので、 アンプの組み立てはこれが最後かと思っています。

 

回路はこのようになっています。

組み立て

キット一式です。サンバレーのアンプはネジ・ナット類の種類が多く、しかもすべて1つの袋に入っているので 選び出すのに時間がかかるのが問題と思います。

また、抵抗のカラーコードの色に判別しにくいものがあり、LCRメーターで確認しながら配線しました。

初めに3つのサブプレートを組み立て、小物部品やトランス類と共にシャーシへ取り付け、残りの配線をする形で進めます。

これは出力段300BのサブプレートAです。

次に300Bのフィラメント電源プレートを組み立てます。

300B前段の増幅回路、サブプレートBです。ミニチュア管なので、かなり込み入ってます。

このサブプレートにおいて、出力トランスから初段管のカソードに戻すNFB抵抗を取り付けますが、抵抗値により NFB量を6dBか3dBに選択出来ます、私はNFBのかかった音が好きなので6dBを選択しました。

出力トランスを取り付けます。

出力トランスのカバーと電源トランスを取り付けます。

シャーシへの部品類取り付けがすべて完了しました。

配線がすべて完了した状態です。

組み立てた後の感想として、サブプレートはB(300B前段の増幅回路)だけの方が組み立て易いような 気がします。

部品類は全部C国製のようです、価格対応ですね。 一つだけ問題なのは300Bのタイトソケットの品質です。 真空管の抜き差しでクラックは入るし、タイトが欠けてしまいました。

火入れ、音出し

まず、図面と突き合わせながら配線の確認と、半田付けの点検を行います。次いで、整流管以外の真空管を挿し電源SW を入れて、ヒーター及びフィラメントが点火するのを確認します。

次に整流管を挿して電源を入れ、数分間、異臭や煙が発生しないことを確認し、各部の電圧を測定しました。

ここまで順調に進み、システムに組み込み音出しすることに。 ところが、ここで問題発生!

何と、音は出るものの両チャンネルから盛大なハムが出るではありませんか! 又かと思いました、実は前回の300Bでも ハムが出て、前段のヒーターを直流点火することで解決したのですが、どうも私は300Bにはついてないようです。

そこでハムがどこから発生しているか切り分けるために、300Bのグリッドをアースしてみましたが止まりません。と言うことは 300Bのフィラメントからとしか考えられず、DC点火回路のダイオードとコンデンサを手持ちのものと交換してみましたが変化ありません。  その他アース系を細かく調べましたが原因が分からず、デッドロック状態となりました。

万策つきたので、プライドは捨ててサンバレーの修理部門に送付し、約3週間後に戻って来ました。当然ながら正常に鳴っています。

何が原因だったのか? 同梱されていた報告書を見て驚きました。以下にそのままコピペして表示します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1. 現状把握

1) 目視チェック ・ 配線や部品に異常は認められなかった。

2) 通電チェック

(1) Lch,Rchともに電源周波数(関西60Hz)に同期したハムノイズ、約450mVを確認した。

(2) ご指摘通り、前段の信号系を切っても、300B単独(出力トランス含む)でハムノイズが発生する事を確認した。

(3) 外部電源装置にて、+B電源,Lch300Bフィラメント電源,Rch300Bフィラメント電源をそれぞれ単独または組み合わせて確認したところ、 Rch300Bフィラメント電源部に問題がある事が判明した。 ※更に詳細チェックをし、原因を電源トランス巻線不良による磁束漏洩が発生した事で、 隣接する出力トランスへ磁気結合であると判断した。

2. 実施事項

(1) 電源トランスを交換した。

(2) 通電を4時間行い異常は認められなかった。

3. 確認事項

(1) ゲイン、周波数特性、各部電圧を測定し異常無かった。 測定データ参照

(2) 音楽再生、ノイズチェックを行い異常無かった。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

永年オーディオをやってきましたが、こんな話は聞いたことがありませんね、フィラメント電圧は正常だったし、電源トランス巻線不良による 磁束漏洩が隣接する出力トランスへ磁気結合する・・・という下りは理解できません。 でも、直ったので追求はしないことに。

測定・試聴

別途