Marantz model7SE RCAピンジャックのアース配線

Marantz model7のRCAピンジャックはアース側の配線がなく、ピンジャックとシャーシの接触に依存しています。 そのため、例えば入力切り替えSWを PHONOにしていても、FMの音が漏れてくるといったクロストークがありますし、極端な場合はアースが接触不良になることもあるようです。

この話は大分前から知っていましたが、特に問題なく使えていたのでそのままにしていました。 しかし、これが音質にも影響しているのではないかと 考え、今回正規なアース配線をすることにしました。

・従来のRCAピンジャック状況

この通りピンジャックのアース側は空いたままです。

拡大すると、ピンジャックがハトメでシャーシに固定され、アース側とシャーシが接触しているのが分かります。

今回この空いたアース端子を全部接続して、アンプのアースに接続するわけですが、本来のシャーシアース点を探したところ、 写真のような場所が分かりました。 ここは最初の写真の右上の黄色の線で囲った部分です。

・アース線接続後ののRCAピンジャック状況

そこで、シャーシアース点から黒いワイヤで接続されている上に見えるポストからR列、L列それぞれ用に2本黒ワイヤを引き出して 一番右側のピンジャックに接続し、スズメッキの裸線で各ピンジャックのアース端子を接続しました。

狭い場所なのでやり難かったのですが、他のワイヤを焦がさないように注意を払いました、結果はこの通りきれいとは言いがたい状況です。

・試聴の結果

今まで時として気になっていた中高域の粗さがとれ、滑らかになった印象です。 また、ボリュームを一杯にしてもクロストークは聞こえません。