メインシステム

システム構成

SonyのHAP-Z1ES HDDプレーヤー、マランツのModel 7SE真空管式プリアンプ、エレキットのTU-8200/6550シングルアンプ、半導体のYS1 アンプでJBLのコントロールモニター 4312Gをドライブしています。

新居のLiving Diningに移設するため旧システムをほとんど処分し、Digital化を進め何とか収まりました。LP/CDプレー ヤーはありません。

システムをコンパクトにする過程でプリメインアンプの導入も考えましたが、色々な意味で魅力が失せないマランツの Model7SEは外せませんでしたし、真空管の立体感ある音から離れることも出来ませんでした。

TU-8200/6550シングルアンプ(2021年末、出力トランスをルンダール社製のLL2777Bに換装)のコンサートホールで 聴いているような音と、YS1の半導体の音。この組み合わせで楽しんで行くつもりです。


プリアンプとメインアンプ間のアッテネーターでメインアンプ1、2間のゲイン差を調節しています。メインアンプのボリュームは Maxで使うと音が良いので。

信号ケーブルはBELDEN 8412+ノイトリックNY5373 、スピーカーケーブルはBELDEN 8470と8471、電源ケーブル&タップはオヤイデ製です。


アンプ

Marantz model 7SE Pre-amp

オリジナルは1958年の発売です、これ以降のマッキントッシュを除くすべてのプリアンプ・デザインの雛形になったと 言われるほどの秀逸なデザインで、左から右へ信号が流れる形のシンメトリックなツマミ配置が特徴となっています。 3段K-K帰還 フォノイコライザーが、マッキントッシュのC22型プリアンプの2段P-K帰還+カソード・フォロ アー型フォノイコライザーとともに有名です。

model 7se front

model 7se back 12AX7 X 6

model 7se naka1


マランツ社はクラシックギターやチェロの演奏家でもあった工業デザイナーのソウル・B・マランツが1953年に興した会社です、 もともと自分用に製作したプリアンプが友人達の評判となり頒布したのがきっかけでした。 その後紆余曲折があり、1966年から 連携があった日本マランツ社(当時はスタンダード工業)が2001年に商標権・営業権、販売会社を買い取り現在に至っています。 (現在日本マランツ社はデノン社とともにD&Mホールディングス傘下となっています)

再生産について

先ず1979年に7Kがキット形式で、次いで1995年に完成品の7が、最後に1998年 7SEが米国工場で再生産されました。 (最後のチャンスということもあり同年に購入)


TU-8500 pre amp(予備用)

エレキットの真空管プリアンプです。出力段のコンデンサ(0.47uF)をDEL RITMO のオイル・ペーパーに交換してあります。

電源SWとランプ、ボリュームと入力切替SWだけのシンプルなフロントパネル。OPアンプによるMC対応のフォノイコライザを内蔵しています。

6V6 amp 12AU7(1/2) - 12AU7(1/2)

6V6 amp naka


TU-8200 6L6 Single amp(現在、6550で使用)

エレキットの6L6シングルアンプです。 信号系のCRはアムトランスの高音質化CRキットを使用、出力トランスはルン ダール社製のLL2777Bに換装してあります。

小型軽量ですがなかなか良い音がします。 6L6の他、無調整でKT88,6550,KT66,EL34に交換可能です。

6V6 amp 12AU7(1/2) - 12AU7(1/2) - 6L6

6V6 amp naka


LM3886を搭載したYS1アンプ

クオリティに定評のあるオーディオ向けIC、LM3886を搭載した、68Wx2の高出力アンプで、確かに良い音がします。 型名とメーカーの表示はありません、中国のガレージメーカー製らしいです。


アッテネーター&入力切り替えボックス

プリアンプとメインアンプの間に置くアッテネーター&入力切り替えボックスです。

メインアンプの感度が高い場合、アッテネーターを調節してプリアンプのボリュームを10時半程度の位置で丁度良くなるようにしています。

att sw front

att sw back


スピーカー側切替スイッチ

メインアンプの出力側切替スイッチです。

att sw front