LM3886を搭載したYS1アンプ

National Semiconductor社のLM3886を使ったアンプが評判となっています。 果たしてどうなのか、安価なこともあり試してみることにしました。 なお、これはれっきとしたアナログアンプです。

以下、YS1アンプの説明文より

クオリティに定評のあるオーディオ向けIC、LM3886を搭載した、68Wx2の高出力アンプです。LM3886はナショナル・セミコンダクタ社製のオーディオ用パワーアンプICで、 かのジェフローランドのパワーアンプにも採用された実績を持っているなど、そのフラットな音質の良さには定評があり、アンプ自作ファンの方々の間でも人気が高いICです。 LM3886搭載アンプにおいては、その音質を決定付ける上でLM3886自体が非常に強い支配力を持っていることで、安定した音質クオリティが保証されています。純粋なパワーアンプ としてシステムに組み入れた際の低域からの優れた駆動力、音楽自体を聞くことを純粋に楽しませてくれるフラットかつ濃密な表現力は、価格からは到底考えられないピュア クオリティを備えており、すでにお使いのメインシステムのパワーアンプとなりうるポテンシャルを有しています。

上カバーを外して中を見てみました、大型のトロイダルトランスが印象的です、その他ELNAのコンデンサ、ALPSのボリューム等日本製部品が使われている。

スピーカーへの過電流保護回路はNEC製UPC1237を搭載。

前面は電源スイッチとボリュームのみのシンプルなものです。

型名とメーカーの表示はありません、中国製とのことですがガレージメーカーらしいです。

裏面には入出力端子とACインレットがあります。

入力のRCAジャックはLが赤になっているので、音を出したらLR逆になってしまいました。


主な仕様

ICチップ: National Semiconductor LM3886x2出力: 2 x 68W @ 4Ω、2 x 38W @ 8Ω(ともに連続平均出力)    SN比: 92dB(最低)以上   THD+N: 0.03%

■入力端子: ・RCA入力×2 (Left/Right)   ・電源入力: AC 110V/50・60Hz  (100V定格動作可能)

■出力端子:・ バナナプラグ対応 金メッキスピーカー端子×2(Left/Right) ・電源インジケーターLED(Red or Blue)×1

■外寸: (W)184mm x (H)60mm x (D)301mm   重量 約4.5kg

■主な機能: 過電流プロテクション機能/出力信号ショート保護 他

■付属品: 電源ケーブル(3P)

■その他: ゲインが高めに設定されているため、通常使用では9時の位置より下でもかなりの大音量となります。

試聴

このアンプは約20Hを超えるとエージングが進んでくるという書き込みが多いので、XLO Reference Recordings Test Burn-in CD を使い、8Ω抵抗負荷でエージングした後、 短時間ですがSV-300BE と比較試聴してみました。

主な仕様に記されているように、アンプのゲインが高く、システムに投入するとVRはほんの少ししか上げられません。 そこでこの アンプのVRをMAXにして (やはりMAXの方がピントが合った音がします) 、プリアンプのVR位置はそのままで同等の音量になる ように外付けアッテネータを絞りました。

音質に全く違和感はありません。そこで比較試聴してみましたが、結果は、何と300BEと同等以上?に感じられたではありません か、もっと細かく聞き込んで行く必要がありますが、この評価が変わらないならば驚きのハイ・コストパフォーマンスと言えます。 

音についてもう少し細かくいうと、300BEの方がカッチリ感があります、これはトランスの音と思います。 一方YS1は音の固まりがなく自然な感じがします。 また、 半導体アンプは音に陰影がなく平板に聴こえると言われていますが、わずかにそうかな?という感じがしないでもありません。

日を変えて更に比較したところ、300BEの音には情感が感じられます。一方、YS1はそういう感じはありません。

これは8Bとの比較でも同じです。 しかしその差は、それぞれ単独で聴いても分からない程度ですし、200H程度のエージング後に再度試すつもりです。

試聴の結論

東フィルのコンサート(2011.10.23)に行ったばかりの耳で、YS1と300BEをクラシック(モーツアルト:リンツ)で聴き比べました。 その結果は、音質的な差は感じられなかったのですが、 300BEには立体感があります。 毎日聴いていると分からないのですが聞き比べると真空管アンプの良さを再認識します。 しかしリラックスして聴きたい時はYS1かと思いますし、価格を考える と立派なものです。