スキャナのフィルムホルダ交換

私のフィルム用スキャナはエプソン現行機の1つ前のGT-X900 です、35ミリ判はニコンのSUPER COOLSCAN 4000 EDを使っていましたが、 壊れてしまい修理不能と言われたのでやむなくこれを使っています。

国内のメーカーがフィルムスキャナから撤退してしまった現在、台湾のメーカーがかなり良さそうなものを出しています。

しかし解像度は負けているものの、階調や画質の雰囲気が勝るとの理由で、あえてエプソンのGT-X970を使っているとのサイトを見て、 私ももっと使いこなしてみる気になりました。

1.35ミリ判

エプソンのGT-X900/970で一番の不満はフィルムホルダにあると、多くの方が言っています。 つまりフィルムの平面性が保てず、ピン トが出にくいということです。 そこでフィルムホルダをエプソンの他機種のものや、サードメーカーのものを使って良い結果が出せたとの 紹介が見られます。

私もそれにならうことにしました。 まずは35ミリ判ですが、同じエプソンのES-10000G用フィルムホルダ(ESFLUHLD)が 発売されていますので、ヨドバシで購入しました。

右がそれ、左はGT-X900付属のものです。

たしかに剛性が高く、フィルムのエッジを抑える部分の構造も良さそうですし、中間にフィルムスリーブを挟むビームがついています。

これはマウント用です。

ES-10000Gフィルムホルダは35ミリ判のスリーブ用とマウント用、中判用、4×5判用の4つから成っています。

GT-X900付属のホルダはスキャナ本体にセットする際のエンボスがついていますが、ES-10000G用にはそれがないので、ガラス面の 下と右一杯に寄せて乗せます。

これはスリーブ用。

他機種のホルダを流用するために我慢しなければならないのは、一度にセット出来るマウントやスリーブ数の減少です、

このように一度に15枚のマウントをセットできるホルダでも、使えるのはたったの4枚です。

スリーブの場合は中の2本が使えます。

1-1 マウント用ホルダ

次の問題はES-10000G用フィルムホルダの底面からフィルム面までの高さがGT-X900付属のホルダのそれと異なるため、ピン トが合うかということでした。 しかし私の見たサイトに記されていたとおり、何をせずともこのように問題なくスキャンできました(どう いう仕掛けなのでしょうか)。 

これはスキャナ出しの画像で全く手を加えていません、かなりマゼンタかぶりなのはベルビア100Fの画調に加えてスキャナにそ の傾向があると、あるサイトに書かれていました。

このようにちょっと見ではピントに問題は無いようですが、念のため白線部分を拡大してみました。

これではピントが合っているとは言えません、そこでフィルムホルダの底面10カ所ほど均等にパーマセル(写真用黒テープ)を貼って、フ ィルム面の高さを調節しました。

これはパーマセルを3枚重ね貼りした場合です、4枚も同じような状態ですからこれが最上のピントと言えるでしょう。

パーマセルはこのように貼りました。

ピント調節後再スキャンし、フォトショップでレベル補正やカラーバランスを整えた後の画像です。

これはフォトショップ・エレメンツのクイック補正で自動補正した画像です。私の汎用PCのディスプレイでは前の画像の方が 適正のように見えますが、ディスプレイの表示が暗いようで、この方が適正かも知れません。

1-2 スリーブ用ホルダ

スリーブ用のホルダもピント調節しました、これは調節前の画像です。

パーマセルを貼った後の画像です、このサイズですと差は分かりませんが、拡大すると確実に改善されているのが分かります。

元画像の部分拡大です。

パーマセル貼付け後の部分拡大画像です。

モノクロ画像で若干分かりにくいですが、はるかに良くなっています。

2.中判

中判用のフィルムホルダについてウエブで調べた結果、アメリカのBetterScanning社製を使うことにしました。 このフィルムホ ルダはアメリカの写真系掲示板ではデフォルトスタンダード扱いになっているようです。 当初、国内の代理店から購入しようとしま したが、既に取り扱いを止めていたので直接BetterScanning社のHPからオーダーし、代金をPayPalで支払ったところ、支払 後10日目に無事届きました。

これが届いたフィルムホルダ本体と、ナングレアガラスとT-Lock です。

GT-X900付属のホルダに比べて部材が厚く、見るからに剛性があると感じます。

フィルムは反って盛り上がった面を上になるようにセットして、ナングレアガラスで全面を押さえつけるか、

あるいはコマ間にT-Lockを装着してフィルムの平面性を確保します。

フィルムホルダにはピント調節用に高さ調節ネジが12個ついています。 これは上面から見たネジで、6角レンチで時計方向に 回すと90度ごとに0.2mm高くなります。 最小は2.5mm、最大は4.5mmとのことです。 どう回したか忘れないように黒い印をつけました。

これは裏面から見た調節ネジです。

これはスキャンした画像を一部拡大したものです、角度は0度、高さは2.5mmです。

これは角度540度、高さ3.7mmとした場合です、これを最良としました。

ピント調節後の全画像です、ここまでフィルム押さえとしてT-Lockを使いました。

最後はナングレアガラスで抑えた場合の画像です、ニュートンリングは出ていませんし、ガラスを綺麗に保てば使い勝手はとても良いです。