Signet35の修理

絞り羽根がバラバラになったのでリペアショップに出そうかと思う反面、もしかしたら直せるのではないかと考えネットで調べたとこ ろ、ありました。 何と写真入りで懇切丁寧に解説されているし、Kodakのマニュアルまでありましたのでダメもとでチャレンジする ことにしました。

絞り羽根のメカにアクセスするには、その上に乗っているシャッターを外さなくてはなりません。 外したスプリングやギヤはどの部 分か分かるように、印刷した画像にスコッチテープで貼り付けました。 部品は小さいので万一床に落とすと見つけるのが困難だし、 特にスプリングは跳ねてどこへ飛んでいってしまうか分からないので慎重に作業しました。

signet35のシャッターは構造がシンプルなので比較的容易でしたが、組み上げるとき解説書に書かれていない部分のスプリング のセットを見逃したため、バルブが効かないというハプニングがあり解決に時間がかかりました。

絞り羽根については、組み上げが難しいから分解しない方が良いとわざわざ注意書きまでありましたが、今回ここが目的ですので 進めるしかありません。 確かに普通に組み上げるのは難しいですが、スコッチテープを使った「秘策」により、無事突破することが できました。

絞り羽根の組み上げが終わったところです、見えている絞り羽根を押さえているプレートの固定ネジのゆるみがバ ラバラになった原因と思われます。

次にピントの調整をしました、フィルム面にニコンF用のスクリーンを貼り付け、シャッターをバルブで開放し、遠方の塔を ターゲットに∞を調節しました、逆に最短距離にして距離計とスクリーン画像の一致を確認しました。

それから、以前撮った画像に内面反射が認められたので、内側に植毛紙を貼り付け、金属部分を黒色ペンで 塗りました。 試写画像を見ると効果があったと思います。

さすがはエクター評判通りの優秀なレンズですね、カラーで撮るのが楽しみです。

修理が終わったミッキーマウス君、なかなか愛らしいカメラです。